FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会い系サイト

デザインが素晴らしいのはもちろんのことですが、そういったオプション的な要素もクロムハーツの人気を支える要素なのかもしれません。クロムハーツを取り扱うインターネットのファッション通販アクセサリーセレクトショップも多数存在しますが、一点ものの扱いが多くみられるように思います。クロムハーツの歴史は意外と短く、1989年に設立されたシルバーファッションアクセサリーのブランドです。力強さの中にも繊細さが垣間見られるデザインが、男子だけでなく女性にも人気です。

私の中でファッションアクセサリーといえば、女性が身につけるものというイメージが強いのですが、いまやファッションアクセサリーは女性だけのものではなく、ファッションアクセサリーメンズ物も女性物に負けず劣らず多数存在するようです。そんな高級なファッションアクセサリーを意外に若い世代が身につけているのを見かけると、いったいそのお金はどこからでてきたのだ?とついついどうでもいいことを思ってしまいます。もともとはバイク用の皮革製品のボタンやファスナーが中心のブランドでしたが、今ではボタン、ファスナーはもちろんのこと、リング、ペンダント、チャーム、ドッグタグ、ピアス、ブレスレッド、キーリング、ストラップ、ウォレットなどの多種多様な製品を手作り加工で出荷しています。また、クロムハーツは広告宣伝を一切行わないブランドであったため、口コミのみで広がっていたというのも、コレクター心を揺さぶるエピソードです。

メンズファッションアクセサリーでぱっと思いつくのは、ハリウッドスターのブラッド・ピットや日本ではスマップの木村拓哉が身につけていることから一躍大ブームになったクロムハーツでした。手作り加工であるために、大変人気があるにもかかわらず市場に出回る数が少ないことからも入手困難なアクセサリーと言えるでしょう。表立ったブームは過ぎ去ったものの、いまだに根強い人気を保っています。

「手に入りにくい」「世界にひとつだけの」といわれると、その商品への思い入れ以上に購買意欲を刺激されてしまいますね。雑誌やテレビに対してブランド側からなんらかの広告依頼があってから発信されることの多いファッションアクセサリー情報ですが、広告宣伝をしなかったことによって、その媚びない姿勢がデザインを引き立たせましたし、作り手の商品に対する相当な自信とこだわり感も表現できたように思います。その価格は数万円から数十万円と決してリーズナブルとはいえません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。